コンデンスリッチ豊胸 ~「 太もも内外 」ドナーの場合 ~

本日は豊胸の方のドナー(脂肪吸引した部分)についてのブログを書きます。

当院の脂肪豊胸は700~900cc(麻酔液を除く)の純脂肪を1000Gで3分間遠心分離して450~600ccの CRF(コンデンスリッチファット)を作成し、胸に注入しています。

太ももの内側と外側は後ろ側からの吸引で行います。傷はお尻の下に1カ所ずつのみです。

痩せ型の方だと脂肪量が足りないので、腰や太ももの前側や二の腕を追加する必要があります。

以下の2人は太ももの内側と外側の2部位から吸引しています。

ナチュラルな仕上がりを重視しているので、お尻が垂れたりボコボコ感がでるほど極端には取りません。

出血もほとんどなく、ダウンタイムもそこまで辛くありません。

脂肪量を正確に判断する診断技術が必要なので、大切な脂肪を有効的に使えるような計画的な豊胸をお勧めしています。